概要
ホーム  >  概要 - 学科長メッセージ

学科長メッセージ

「音」という楽しきもの・難しきもの

現在の芸術工学部音響設計学科の前身である九州芸術工科大学が設置される頃,音響設計学科は次のように定義され,誕生しました。

人間及び人間をとりまく行動的環境において,音楽,音声,その他の音響を管理し,人間に快適な音響的環境を創り出し,さらに人間の心理,生理に好影響を与える音響の製作ならびに電子音楽の開発に対し,技術と芸術を総合する立場からの音響の設計計画について教育研究する学科。
(1967年・大学設置審議会大学基準分科会決定より)

言葉が多少古くなっている部分もあるかと思いますが,この内容はほぼそのまま九州大学芸術工学部音響設計学科のアドミッションポリシーとして引き継がれ,生きています。

音文化学,音響環境学,音響情報学という三つの分野で,音に関して幅広く,かつ深く学ぶためのカリキュラムが準備されています。学科の教員は,音楽や工学,生理学や心理学など,それぞれの専門分野を持ち,その内容を徹底的に教授します。それらの授業を受けて,内容を融合・昇華させ,「あらゆる種類の音響を管理,構成し,人間に適した環境を創り出す」ことができる能力を獲得することができるのは,この学科に入学し,卒業してゆく皆さんなのです。

芸術工学部では,授業だけではなく,音にかかわるサークル,課外活動も幅広く行われています。授業で習ったことを様々な立場で実践できる場が準備されていると考えてください。課外活動と正規のカリキュラムが本来有するはずの相補性をフルに発揮する機会も準備されています。

音楽として接する音は時に楽しく,騒音として接する音は難しく厄介な存在です。音に真摯に向き合い,音に包まれ,音を徹底的に考える4年間を過ごしていただければと思います。

音響設計学科 学科長 尾本 章

音響設計学科 学科長 尾本 章
Page Top